33歳システムエンジニアのKです。薄毛が気になりだしたのはここ1、2年。まさか自分が!?と思っていましたが育毛剤や育毛シャンプーに時間とお金を使うよりもAGA治療を選びました

育毛剤を半年から1年程度使用してみて、効果が感じ

育毛剤を半年から1年程度使用してみて、効果が感じ

育毛剤を半年から1年程度使用してみて、効果が感じられない時は違うものを試された方がいいかもしれません。

ただし、1ヶ月とか2ヶ月で実際に育毛効果が得られないからといって使用を止めるのは、あまりにも急ぎすぎます。副作用が出ていない状態であれば、半年程は使用するようにしましょう。髪や頭皮の回復と維持のためには、必要不可欠な栄養素がたくさんあります。


これを多くとればOKという決定打的なものはありませんが、不足すると良くないという栄養素はあります。なかでも鉄分は、代謝を維持するために必要なので、絶対に欠かすことはできません。

実は鉄分不足はあまり自覚することがありません。めまいや息切れを感じる人もいますが、実際の鉄欠乏状態を考えれば症状が出ている人の割合は少ないと言えるでしょう。しかし影響はかならず出るもので、酸素が運ばれる量も減るので、育毛のために必要な成分が毛根や地肌に行き渡らなくなり、老廃物が残りがちになって痒みを生じたり、表皮常在菌に対して過剰に反応するようになってしまいます。


育毛のためには血液が健康であることも大切なのです。
鉄分はきちんと摂取するようにしましょう。鉄分は吸収されにくいですが、納豆やあさりなど、身近な食品にも多く含まれています。ほとんどの場合は食事から摂取できるはずですが、パンや麺類などが多かったり、ゼリーやレトルトなどの頻度が高いと全体的に低栄養になって、鉄分の摂取量も減ってしまうようです。また、たくさんとりすぎると胃腸の不快感を感じたりお腹を下すこともあります。



一度にたくさん摂らないように注意してください。
頭皮ケアが育毛には必要不可欠です。

頭皮ケアを正しい方法で行うことによって、抜け毛の悩みは軽減し、それどころか生えてきた健康な髪の毛に感動することになるでしょう。ただ注意したいのは、薄毛を引き起こした原因によっては、頭皮をケアしていくだけでは効果がない場合もありますから、原因をはっきりさせることが第一歩であると言えます。早ければ早いほど薄毛対策は良いので、頭皮ケアに固執するのではなく様々な対策をしていくべきでしょう。育毛には、様々な栄養素が必要となりますから、栄養バランスの良い食事をして、身体の健康を維持することも育毛につながります。髪の毛に必要な栄養素というのは色々ありますが、中でも特に大事なものの一つはビタミンCでしょう。

育毛に関わる栄養素なら、タンパク質や亜鉛がよく知られているようですが、ビタミンCも負けず劣らず重要です。



ビタミンCがどのように身体に作用するかというと、他の栄養素の吸収や生成、分解、代謝をサポートし、例えば、髪を太くするというコラーゲンの生成を助ける働きなどを持っています。



それに、抗酸化作用が強いという特徴があります。これらの働きは全て育毛にとっては、なくてはならないもので、カルシウムや鉄の吸収を補助したり、それに免疫機能を高める働きもあるので、不足すると風邪を引きやすくなったりします。ビタミンCを含む様々な野菜や果物をしっかり食べるようにし、また壊れやすい栄養素ですから、サプリメントから摂るのもおすすめです。頭皮に直に塗る育毛剤よりも、内服薬は効き目を実感できる人が多いとされているものの、副作用のリスクも高くなってしまうのです。



服用タイプの育毛剤の副作用として考えられるのは、頭痛とかめまい、吐き気、胃部不快感など体の異常が考えられます。さらには、内服するタイプの育毛剤であっても炎症、かゆみなど、頭皮の異常が起こる可能性もあると言います。



万が一、副作用が起こったなら、使用を続けるべきではないでしょう。育毛にとって、実は牛乳は悪影響をおよぼすことが徐々に判明しています。なぜならば、牛乳に含まれるタンパク質が、植物性ではないからです。すすんで摂取すべきとされる植物性タンパク質に対し、血流が悪くなる動物性タンパク質は、ドロドロ血のせいで栄養が髪の毛まで届かず、その栄養不足が抜け毛の要因となるのです。

人間が生きる為に、タンパク質は非常に大事なものですが、上記のことから、動物性よりも植物性の摂取が推奨されます。それに加え、カルシウムによって亜鉛が体にとりこまれにくくなり、せっかくの亜鉛が吸収されず、育毛のために活躍できなくなってしまうので、水分を摂る際は牛乳以外で、ということを心がけるべきです。

フサフサの髪を目指して、育毛剤や育毛薬、育毛グッズなどを利用する場合には、口コミによる情報をチェックするって人もきっと多いことでしょう。


育毛剤や育毛薬などはどうしても高額になりがちですし、6か月程度は使い続けないと発毛を実感できないものなので、実際の評価が気になるのは当然のことでしょう。

そうはいっても、発毛の効果は皆同じというわけではなく、誰でも一律に効果が実感できるという商品はないのです。

女性が美容のために飲んでいるのではと思われがちなコラーゲン製品。その保水性の高さからスキンケアや化粧品に利用されていることも多く、CM等で目にする機会も多いですね。でもコラーゲン製品には、頭皮をケアして、育毛にも効果を発揮するそうです。
経口摂取用のコラーゲンは、食事から摂るより吸収されやすくなっていて、継続的に摂ることで、真皮層の再生が促進されるために頭皮の状態が改善され、抜け毛が減り、パサつきを抑え、髪の成長が促進され、白髪や毛髪のツヤも改善されるようです。さて、このコラーゲンを食事から摂取できるのでしょうか。
焼き鳥の皮や豚足が高コラーゲンなのは知られていますが、効果が得られるほど継続的に摂取するのは、ちょっとむずかしいことですね。
ですから、サプリメントやコラーゲン摂取を目的とした補助食品(ドリンク、ゼリーなど)から摂るほうが良いでしょう。



コラーゲンの効果を高めるようビタミンCやB群を配合した製品もオススメです。

髪や頭皮に負担をかけることの一つがパーマです。そのため、パーマ後はすぐにでも、育毛剤を使いたい気分になりますが、損傷を受けた頭皮に、育毛剤を使うのは感心しません。
少し回復するまで育毛剤の使用は控えた方が、後々に響かないでしょう。パーマ後の洗髪ですが、ごしごし力いっぱいこすらずに、やさしく、軽いマッサージのような感覚で行います。



洗髪剤はしっかり洗い流し、終わった後は、濡れたままやタオルドライだけにせず、ちゃんと乾かしましょう。

育毛という視点から見ると、パーマはやめておいた方がよく、もしどうしてもと言うなら、育毛パーマにしておくとひどく頭皮が傷つくようなことはないはずです。
育毛剤をしばらく使っていると、初期脱毛に見舞われる可能性があります。薄毛を改善しようと考えて育毛の薬を使っているのに抜けた毛が増えてしまったら、使うのを止めたくなりますよね。
しかし、これは育毛剤の効果が現れている証拠というらしいので、忍耐強く使い続けるようにしてください。1ヶ月くらい忍耐強く待っていれば毛髪が増えてくるはずです。

関連記事

Copyright (c) 2014 AGA治療体験談@30代エンジニアの憂鬱をコッソリと All rights reserved.